発表会ドレスの選び方を工夫して演奏を成功させる|ミスレスなドレス

ドレス

入用な女性のドレス

女性

楽器の演奏などでステージに上がる機会があるのであれば、そのステージの上に立つのにふさわしい発表会ドレスを着ることになります。
発表会ドレスは、基本的にその他のドレスとは区別されて考えられます。例えば、ウェディングドレスやブライダルドレスは、とにかく華やかさが大切で、着る人がその場の主人公として輝けるようにデザインされています。だからこそウェディングドレスを着ることは多くの女性にとっての憧れであり、そのときは最も祝福される女性となることができるのです。
また、結婚式などに招待されたときに着ていくお呼ばれドレスは、結婚式の主人公を引き立てるために白を避けたり縁起のよくない色である黒を避けたりしつつ、華やかでキレイに見えるようなものを選ぶことになります。

その点発表会ドレスは、もちろん見た目の華やかさや美しさも大切ですが、楽器を演奏するための機能性にも着目されています。楽器を演奏するのに動きにくいデザインになってしまっているのは本末転倒ですし、動きやすくても、その楽器を演奏する姿が美しくなくては意味がありません。だから発表会ドレスは立ち姿だけではなく、演奏するときのシーンに合わせて選ぶ必要があるのです。

ステージに立つ衣装というと、男性であれば比較的楽だと言えます。タキシード一着を用意するのも、きちんとしたものであればそれなりの値段はかかりますが、基本的には一着あれば使いまわすことができます。
しかし女性の場合は、ドレスを着ようとなるとインナーやアクセサリーを揃える必要もあり、ステージごとの違いなども意識しないといけないので一着では足りません。
このように入用になることが多い女性の発表会ドレスだからこそ、しっかり見栄えがし、何度も使用できるものを選びたいものです。

選ぶ基準

女性

発表会ドレスを選ぶ際は、単純な華やかさだけではなく、その楽器と合っているかどうかをまず基準にしましょう。その上で、色は楽器の色やステージの都合など、シーンによって対応していくことが大切です。

Read More...

色から選ぶ

女性

人は相手に対する印象を視覚情報から、そして大部分を色から判断するため、発表会ドレスを選ぶ際は色を考えることが大切です。TPOに合わせつつ、自分をよりよく見せるための色を考えてみましょう。

Read More...

楽器による違い

女性

発表会ドレスを選ぶ際は、楽器との相性をよく考え、立ち姿や座り姿をよく確認して選びましょう。また、ピアノ用の場合は後ろ姿も見られ、座って演奏する楽器の場合は足元もよく見られます。

Read More...